トライプラス大野芝校。通信教育で成績は伸びるのか。

お問い合わせはこちら

ブログ

トライプラス大野芝校。通信教育で成績は伸びるのか。

2019/11/30

トライプラス大野芝校。通信教育で成績は伸びるのか。

堺市の塾トライプラス大野芝校は、小学生、中学生、高校生対象の堺市中区にある個別指導塾です。

今回は、小学生対象の、オンラインではなく添削型の通信教育についてお話させていただきます。

実は私自身も小学生の時に通信教育を受けたことがあります。申し込み時についてくるオマケがほしくて、自分から親に頼みました。しかし、1年も続かなかったです。本当にしっかりやったのは1か月もなかったと記憶しています。今から考えれば、学校の宿題さえいやいややっていた当時の私が、膨大な量の勉強を自分だけで毎日毎日できるはずがありません。つまり、通信教育を続けていけるのは、勉強に相当なやる気を持っていて、真面目にこつこつと続けていける子供だけだということです。

また、それ以外にもいくつかの注意点があります。

まず初めに、オンラインを取り入れている場合を除けば、わからないことをすぐに口頭で質問することができないということです。

次に、自分のわかっていることもわかっていないことも、もっとやりたいことも、全てが同じ量だということです。これでは効率が悪く、ただの単純作業になってしまいます。

さらに、本当にどこまで理解できているかがわかりにくいということです。答えがあった問題が全て理解できていると考えるのはとても危険です。また、何かを見てやっている場合もあります。直接いろんなことを質問して、目の前で問題を解くのを見て、はじめて本当に理解できているかどうかがわかります。

私個人の辛口な結論としては、「勉強にやる気があってまじめで、はじめから勉強ができる子供だけが、ある程度だけ成績を伸ばすことができる」ということになります。

ただし、親御様や個別指導塾で、しっかりフォローしてあげれば効果は上がると思います。