高校受験、中学3年生の学習計画について

お問い合わせはこちら

ブログ

高校受験、中学3年生の学習計画について

2020/06/15

高校受験、中学3年生の学習計画について

堺市の塾トライプラス大野芝校は、小学生、中学生、高校生対象の堺市中区にある個別指導塾です。

今回は、中学3年生の高校受験に向けた学習計画についてのお話です。

今年度は新型コロナウイルスの影響で中学校の予定も大きく変わってしまいました。

それに伴い、高校受験対策も例年と変えていく必要があります。

トライプラス大野芝校では例年の中学3年生の場合、1学期はひたすら定期テスト対策に力を入れています。これは、内申点対策です。2学期以降はより多くの生徒が勉強を頑張り始め競争が激しくなるので、1学期の定期テストでできるだけいい成績を取っておきたいからです。そして、夏休みには、中3の1学期までの復習を5教科について徹底的にやります。これは、2学期にある実力テスト(私立高校を決めるテスト)の対策であるのと同時に、公立高校入試の学力テストの対策でもあります。学校のある時期は定期テスト対策をしなければいけないし、秋以降はアウトプット対策(過去問演習など)をしなければいけません。すると、夏休みだけが5教科の復習(インプット)をしっかりできる期間だからです。

しかし、今年度はどうでしょうか。夏休みが短いため、夏休みだけで5教科の復習をすることができません。かといって5教科の復習は絶対に必要です。そこで、夏休みだけでなく学校のある期間にも、定期テスト対策と並行してやっていくしかありません。

新型コロナウイルスの影響で、今年度の受験生は本当にたいへんだと思います。しかし、これが大逆転につながることもあります。状況に対応できない生徒が多く出てくる中で、きちんと計画を立て勉強することができれば、いつも以上に大きな成果を得ることができるでしょう。

あらかじめ決められた授業をするだけの集団塾やマニュアル通りの個別指導塾ではなく、状況に合わせて最適な学習を考えるトライプラス大野芝校で、ぜひ一緒に頑張っていきましょう。

お問い合わせ、心よりお待ちしております。

072-290-7816